メッセージ

熊本地震で被害に遭われた大学研究室(化学系)の皆様へ

この度は大変な災害に見舞われ、謹んでお見舞い申し上げます。応用化学部門(機能・分子)では、復旧支援の一環として、被災された研究室の後片付け手伝いや学生の研究室受け入れ、実験環境の提供などへ向けての準備を進めているところです。可能な限り、ご希望に添ったご支援ができればと考えておりますので、まずは、関連分野の研究室または私共にご相談いただければと思います。
 被災地の一刻も早い復旧、復興がなされるよう、心より願っております。
応用化学部門 部門長 君塚信夫
       副部門長 古田弘幸



 

連絡(授業等)

►大学院オリエンテーション(授業連絡)

大学院オリエンテーションを行います。

日時:平成28年4月7日(木)13:00から
場所:西講義棟 第2講義室(2階)

当日の写真は
この日の初心を大切に頑張りましょう!


►学位論文公聴会開催のお知らせ(授業連絡)

下記の要領で11名の学位論文公聴会を開催いたします。

論文提出者:吉元 光児(物質創造工学専攻)
日時:平成28年2月8日(月)10:00より
場所:ウエスト3号館2階会議室(W3-209)
論文題目:ニトロゲナーゼモデルとしてのジヒドリド錯体による還元的脱離とアセチレン還元

論文提出者:高下 恵丞(物質創造工学専攻)

日時:平成28年2月8日(月)11:10より
場所:ウエスト3号館2階会議室(W3-209)
論文題目:ニッケルジヒドリド錯体による酸素還元と燃料電池用カソード触媒への応用

論文提出者:ジョン キフン(物質創造工学専攻)

日時:平成28年2月8日(月)14:00より
場所:ウエスト3号館2階会議室(W3-209)
論文題目:低原子価d8有機金属錯体によるソルバトクロミズムと炭素-フッ素結合の触媒的水素化分解反応

論文提出者:濱﨑 祐樹 (化学システム工学専攻)
日時:平成28年 2月 10日(水) 15:00より
場所:ウエスト4号館物質系4番(314号室)
論文題目:基板表面での貴金属ナノ粒子の精密合成とその分光的性能評価に関する研究

論文提出者:趙 志鋼 (化学システム工学専攻)
日時:平成28年 2月 12日(金) 17:00より
場所:ウエスト4号館3階物質系4番講義室(314号)
論文題目:DEVELOPMENT OF EFFICIENT EXTRACTION AND SEPARATION SYSTEMS FOR SCANDIUM 

論文提出者:堤 優介 (化学システム工学専攻)
日時:平成28年 2月 12日(金) 13:00より
場所:ウエスト4号館物質系4番(314号室)
論文題目:生体応用を指向したカーボンナノチューブ架橋高分子被覆法の開拓とそのサイズ制御

論文提出者:石田 拓也 (材料物性工学専攻)
日時:平成28年 2月 12日(金) 16:00より
場所:ウエスト3号館2階209号室(会議室)
論文題目 :有機単分子膜保護金ナノ粒子の構造解析と光機能化に関する研究

論文提出者:Md. Zahangir Hosain(システム生命科学府)
日時2月18日10:00より
場所:ウェスト3号館2階奥・応用化学部門会議室
論文題目:Anti-inflammatory response of activated macrophages using lipid based formulation and its synergy with antioxidant toward the healing of inflammatory diseases

論文提出者:Eunkyung Lee(システム生命科学府)
日時2月18日13:00より
場所:ウェスト3号館2階奥・応用化学部門会議室

論文題目:Cancer-Specific RNAi System by Using PNA-Peptide Conjugates

論文提出者:Siti Norulhuda binti Hashim (化学システム工学専攻)
日時: 平成28年2月15日(月)15:30より
場所:物質4番講義室(W4-314)
論文題目: DESIGN OF FLUORESCENT APTASENSORS AIMING AT ON-CELL DETECTION OF IFN-γ

 
論文提出者: 秦 龍ノ介(物質創造工学専攻)
日時: 平成28年2月15日(月)14:00より
場所:物質系4番講義室(W4-314)
論文題目:  長寿命核偏極を実現する核磁気共鳴分子プローブの設計に関する研究  

►教室セミナーの連絡(授業連絡)

以下のとおり、教室セミナーの案内を致します。
講師:宋 渓明 教授(遼寧大学化学院)
演題:イオン液体分子が導入されたナノ複合体の作製と機能(Ionic Liquids Functionalized Nano-composites)
日時:平成 28年 1 8日(金) 午後3時~4時20分
場所:ウエスト4号館 314号室(物質4番講義室)

►教室セミナーの連絡(授業連絡)

教室セミナーを下記の通り開催いたします。
演者:Way-Zen Lee教授(台湾師範大学)
演題:Oxygen Activation by a Five-Coordinate Fe(II)BDPP Complex
日時:12月8日午後3時-4時
会場:ウエスト3号館(4F) 第二会議室

►「化学への招待」開催(授業連絡)

日本化学会九州支部・応化分子共催で一般向け行事を開催します。
イベント名:化学への招待
日時:12月5日(土)
内容:1部・講演会、2部・見学会、3部・実験体験
詳しくはこちら

    最近の受賞

    <教員・PDの受賞>
    2016年3月
     米村弘明准教授と藤ヶ谷剛彦准教授が田中貴金属記念財団 MMS賞を受賞しました。

    2016年2月
     片山佳樹教授の研究“ペプチドグラフト高分子による疾患細胞特異的遺伝子制御分子システム”が日本化学会 学術賞を受賞しました。


    2015年10月
     後藤雅宏教授の研究“生物機能ならびに生物材料を利用した高性能イオン交換材料の開発”が日本イオン交換学会 学会賞を受賞しました。


    2015年9月
     DUAN Pengfei助教(CMS助教・君塚研)の発表“Photon Upconversion in Self-assembled Supramolecular Organogels”が4th International Supramolecular System Symposium (4th ISSS 2015)においてPoster Awardを受賞しました。


    2015年4月

     楊井伸浩助教(君塚研)の発表“Photon Upconversion Molecular Systems toward their Applications to Solar Energy Utilization”がGSC-7 and the 4th JACI/GSCSymposiumにおいて Poster Awardを受賞しました。

     白木 智丈助教(中嶋研)が「ポリマー鎖を利用した力学作用伝達系による選択的な分子構造変換と材料機能の開拓」の研究において 宇部興産学術振興財団
    第55回学術奨励賞
    を受賞しました。

     
      
    <学生の受賞>(最近2か月のみ掲載)
    2016年3月
     桜木優人後藤・神谷) の発表Solid-in-Oil化技術を利用したメラノーマ予防に有効な経皮がんワクチンの開発が化学工学会第81年会 において 優秀学生賞を受賞しました。


     
    過去の受賞はこちらから

    國武 豊喜先生 文化勲章受章

    平成26年11月3日國武豊喜先生(現:本学名誉教授)が分子組織学開拓の業績により2014年度の文化勲章を受章されました。(本学HP掲載ページ
    國武先生は合成化学科(現応用化学部門分子教室)で世界初となる人工二分子膜の作製を始めとする分子組織化学の発展に貢献されました。先生の多くの研究成果は現在の超分子化学の礎ともなっています。
    (親和会会報記事

    國武豊喜先生 文化勲章受章 祝賀特別講演会 
    分子組織化学-自己組織化がもたらす新しい科学技術の世界-
    日時:平成26年11月21日(金) 13:20-17:35
    場所:東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール

    國武先生文化勲章受章記念講演会および祝賀会
    講演会
    日時:平成27年2月14日(土)14時~15時15分
    場所:九州大学伊都キャンパス椎木講堂

    祝賀会
    日時:平成27年2月14日(土)15時30分~17時
    場所:カーボン・ニュートラルエネルギー国際研究所1階大ホール


    國武豊喜先生文化勲章受章記念シンポジウム
    日時:平成27年4月17日(金) 13時-18時
    会場:東京コンベンションホール
    〒104-0031 東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン5F
    主催:公益社団法人高分子学会
    申し込み詳細はこちらまで。


    第31回(2015)京都賞受賞
    「合成二分子膜の発見による分子組織化学の創出と材料科学分野への先駆的貢献」により第31回京都賞(先端技術部門)を受賞されました。